人間ドックの胃カメラの内容について

人間ドックの胃カメラの内容について

人間ドックの胃カメラの内容について

多くの方々にとって人間ドックにおける胃カメラというのは、体内にカメラを挿入し検査するという内容から恐怖の対象になりやすいという実情があります。

 

しかし、近年の医療技術は目まぐるしく進化しているため、以前よりも大変なことではなくなりました。

 

あまり馴染みがないと言えるものの、胃カメラは小学生の子供に対しても行えることなので、緊張することなくリラックスして検査を受けることで気持ちも楽に済ませられます。

 

バリウムを用いた検査と比較した場合、胃カメラの方が癌を早期発見することができる上に、胃炎や腫瘍といった診断も優れています。

 

そのため健康診断や胃痛また胃もたれといった症状を確認するためには胃カメラを用いることが最適です。

 

 

胃カメラを用いて人間ドックを行う際には、前日の夕食後は何も口にしてはいけない絶食の状態が求められます

 

胃の中に物が残っていると正確な検査が行えないためです。

 

 

当日は、胃の中を確認しやすい状態にするため胃の粘膜を少なくさせて胃の内部の泡を除去するための水薬を服用します。

 

水薬を服用した後に喉の奥に麻酔を行うのですが、麻酔はスプレーを使用して行います。

 

そして、麻酔を行った後は検査台に身体を乗せ横になった体勢で内視鏡を挿入していきます。検査はおよそ5分で終了します。

 

検査が終了しても麻酔による痺れがすぐに解消するわけではないため、およそ1時間は物を食べたり飲んだりするといったことは避けましょう。

 

 

こうした工程で人間ドックにおける胃カメラを利用した検査が終了します。

 

受診に際して気になるのは費用についてです。

 

費用相場が理解しにくいため、安価であるところを探してしまうものの胃カメラの検査費用は医療保険で決められているため、どの病院においても同価格にになっています。

 

そのため、必要になる費用に目を向けるのではなく安心してお任せすることができる医者が在籍している病院を探して受診することが重要であると言えます。

人間ドックの予約ならマーソがおすすめ!!

人間ドックの予約人気サイトのマーソなら自分に合った検診が探せます。

詳しくはこちらから


▼ ▼ ▼ ▼ ▼

トップへ戻る