人間ドックの医療費控除について

人間ドックの医療費控除について

人間ドックの医療費控除について

日本では医療費控除があり、1年間で生計を共にする家族を含めた医療費が一定の金額を超えた場合に確定申告を行う事によって所得控除を受ける事が出来ます。

 

医療費控除は診察や治療代だけではなく、病院に通院するための交通費なども含める事が出来ますが、その一方で自分の都合で発生した病院のベッド代などは控除に含める事が出来ないなど、どこからどこまでが控除の対象になるのかはきちんと把握しておく事が大切です。

 

 

美容整形や健康増進のためのサプリメントの購入などは控除対象とはなりませんが、人間ドックの場合はどうであるのかというと、人間ドックの場合は基本的には医療費控除の対象とはならないです。

 

ただ、人間ドックの診断の結果で重大な疾病が見つかり、そのまま治療を行った場合には医療控除の対象とする事が出来ます。

 

少しややこしいですが、医療費控除というのは病気の治療に関わる場合に受ける事が出来るものであり、通常は人間ドックは自分の健康状態をチェックするために行うのが目的であり、病気の治療が目的ではないために対象とはならないのです。

 

しかし、重大な疾病が見つかった場合は人間ドックは治療のために行う診察としてみなす事が出来て控除の対象となります。

 

人間ドックは検査費が高額になりやすいですが、特に何も問題が無かった場合には控除の対象とはならないので注意をした方が良いです。

 

人間は生きていく上では単に長生きをすれば良いのではなく、出来る限りは健康な状態で長生きをする方が望ましいです。

 

人間ドックは健康診断とは違って検査を受ける義務があるわけでは無いために、検査を受けるつもりが無ければ一生受けないという選択肢もありますが、健康的に長生きしたいのであれば、多少費用が高くても健康診断では見つける事が出来ないような体の異常を発見するのに人間ドックは役立ちますので、ガンなどの早期発見をするためにはある程度の年齢になったら積極的に受けることをおススメします。

人間ドックの予約ならマーソがおすすめ!!

人間ドックの予約人気サイトのマーソなら自分に合った検診が探せます。

詳しくはこちらから


▼ ▼ ▼ ▼ ▼

トップへ戻る