人間ドックの前日の食事について

人間ドックの前日の食事について

人間ドックの前日の食事について

人間ドックを受ける前日の食事は、21時(午後9時)までに済ませるようします。普通の食事以外に、ガム、アメ、タバコ、などの嗜好品は控えるようにします。

 

前日の食事ではお酒は飲まず、当日の検査開始3時間前までは水だけで過ごすようにします。3時間前になったら水の摂取も控えます。ただし、コーヒーやお茶は禁止です。

 

午後に人間ドックが入っている場合には、前日の24時(午前0時)までは食事をしても問題ありません。

 

注意したいのは食事内容で、なんでも好きに食べていいわけではありません。出来るだけ消化が良いもので、さっぱりしたものを摂取するようにします。

 

野菜はヘルシーでさっぱりしていますが、食物繊維の多いごぼうや海藻類は消化が悪いので、検査に影響が出てしまう可能性があるので避けたほうが良いです。硬くて消化の悪いものは胃バリウム検査や腹部エコーに引っかかりやすくなってしまいます。また、正しく検査結果が出ないこともあります。

 

脂っこい肉や塩分の多いものを食べてしまうと、血液検査や尿検査に引っかかってしまう可能性があるので、こういった食品も避けるようにしましょう。

 

水も飲みすぎると肝機能などの数値に影響が出る可能性があるので、結果を正確に測りたいならば出来るだけ摂取は控えたほうが良いですが、それだとかなりきついので、水はOKとしています。

 

ただし、夜中にガバガバ水を飲んでしまっては、検査の結果が正確に測れない可能性もあるので、脱水症状を起こさない程度の量にしておきましょう。

 

薬やサプリメントを飲んでいる人は、人間ドックの受診前に主治医に相談しておくと良いです。高血圧や心臓病の薬は飲まないと命の危険性があるので普通は許可されますが、必ず事前に相談しておくことが必要です。

 

なるべくならば体の中を空にして検査に臨むのが一番正確な測定結果を導き出せますが、それだと生活に支障をきたすので、前日はさっぱりした消化の良いものを21時までには食べ終わっておくようにしましょう。

人間ドックの予約ならマーソがおすすめ!!

人間ドックの予約人気サイトのマーソなら自分に合った検診が探せます。

詳しくはこちらから


▼ ▼ ▼ ▼ ▼

トップへ戻る