人間ドックの内容

人間ドックには丸一日を要して行う人間ドックと半日の人間ドックがあります。

 

半日の人間ドックは、時間が限られており余裕が無い中で数多くの様々な検査を行うため通常よりも若干慌ただしさがあります。

 

しかし、多忙であったり短時間で済ませたい場合は重宝します。

 

 

仮に午前中に受診した場合は昼食が提供された後で検査が終了になるため午後に予定を組み込むことが可能であるというのはメリットです。

 

自身で費用を負担する場合は、通常の方法や一泊の方法に比べると要する費用が抑えられるというのもポイントです。

 

 

半日の場合は身体測定や尿検査に便潜血検査や血液検査、さらに胸部レントゲンや視力と聴力の検査、加えて心電図など通常の健康診断で行う検査に追加しいくつかの検査が行えます。

 

具体的な例としては肺機能検査と胃のバリウム検査、女性の場合ですと子宮細胞検診や乳房の超音波診断にマンモグラフィーなどが挙げられます。

 

検査の内容は、病院により差異がありますし脳の検査などの検査内容の一部がオプションとして扱われており有料の可能性もあります。

 

自分が行いたい検査が対象になっているか、または無料で行われる範囲内もしくはオプションであるかはインターネットや検診案内で確認することができるため、予め確認し病院選びを行うことでスムーズに事を運ぶことが可能になります。

 

そして、病院ごとで注力している検査内容が異なるという事も理解しておくべきでしょう。

 

特に胃の検査をしっかりと行ってほしい場合は、バリウムの検査の評判が高い病院を選択し人間ドックを行うというのも方法の1つです。

 

一般的に、検査が終わった際に結果が確定している事柄については医者から説明を受けることになっています。

 

専門用語や数字が羅列されており、後からでは理解しにくい事であっても医者から直接説明を受けることが可能なので、その場で質問しておけば検査の結果が届いても悩まずに済みます。

 

検査の結果が届いたら、必ず目を通し再検査の項目があればすぐに受診するという基本的な事も大切です。

人間ドックの予約ならマーソがおすすめ!!

人間ドックの予約人気サイトのマーソなら自分に合った検診が探せます。

詳しくはこちらから


▼ ▼ ▼ ▼ ▼

トップへ戻る