人間ドックにかかる時間について

人間ドックにかかる時間について

人間ドックにかかる時間について

自分の健康の事が心配であるのであれば定期的に検査を受ける事が大切であり、検査を小まめに行っていれば何か異常があった場合に直ぐに発見する事が出来ます。

日本では労働安全衛生法によって1年に1回以上の健康診断を受ける事が義務付けられていますが、自分の健康状態を調べる方法としては人間ドックもあります。

健康診断も人間ドックも健康維持を目的としている事は同様ですが、健康診断は法律で必要な検査項目が定められているのに対し、人間ドックの場合は特に明確な定義がされていないです。

そのために、はじめて人間ドックを受ける場合にどの程度の時間がかかるのかは、どの病院で検査を受けるのか、どの程度の検査項目があるのか、などといった違いがあって一概には述べる事は出来ないです。

今や日帰りも検査も当たり前


ただ、昔は1泊2日の泊まり込みで行う場合もありましたが、最近では日帰りで数時間程度で終わるようになっている場合が多くなっています。

検査項目が少なくて混雑していなければ、12時間程度で終わるという場合もあります。精密な検査を行ったり、検査項目が多くなればなる程、それだけ検査料金が高くなって時間も必要となります。

若くて健康に問題が無い人であれば、時間がかかってわざわざ高いお金を払ってまで人間ドックを受ける必要はあまりないです。

ただ、30代や40代になってくると徐々に体の異常が出てくる可能性が高くなり、高齢になればなるほど人間ドックできちんとした検査を受けるようにした方が良いです。

ガンや脳卒中、心筋梗塞のような怖い病気を早期発見したいのであれば、より詳細な検査を行う人間ドックの方が健康診断よりも早期発見の可能性に繋がります。

ここでも説明したように、最近では泊まり込みで行う必要はなく、数時間程度で検査を終わらせる事が出来、何か異常があっても早期発見して早期治療を行えば、ガンなどの病気であっても助かる可能性が高くなります。

そのために、ある程度の年齢になったら自分のためにも家族のためにも人間ドックの受診を検討してみて下さい。

人間ドックの予約ならマーソがおすすめ!!

人間ドックの予約人気サイトのマーソなら自分に合った検診が探せます。

詳しくはこちらから


▼ ▼ ▼ ▼ ▼

トップへ戻る